【麻雀】雀龍門100局に達したので…

アニメ・声優・ゲーム
09 /05 2013
 ここ最近全くブログを更新していませんでしたが、
仕事の方は忙しくて帰りが遅い日も何日かありますがほぼ通常運転でした。
で、何をしていたのかといえば、自由になる時間の9割くらい雀龍門で麻雀してました;
麻雀楽しいです^q^
ちょうど100局打ったので戦績的なものを書こうと思います。

JRMSS-20130904_224126.jpg
 左下のグラフがありますが、あ、完全に私だコレwって分かるグラフでいいですねw
もうほんとこのグラフどおりの打ち方なんです。
常に高目を目指して打ってます。とにかく高い点で和了りたい。
チーポンチーポン鳴きまくって安手で和了りまくる人を、跳満、倍満で一気に捲くることにたえがたい快感を覚えます^^
高目を目指してる分、当然和了る回数は少ないんですけどね…。
ただ、手が悪いときや明らかに相手がテンパイしてると思われるときは徹底的に逃げます。
流局になったときの罰符はほぼ確実に払ってます。
中途半端に、せめてテンパイだけでも…って打って変に放銃すると後悔するし…。

 場代は課金しました(1万円)
天鳳が月500円なのでそっちも考えたんですが、
雀龍門のほうが映像がキレイでリアルなんですよね。決め手はそこです。
ネット麻雀はどこでやってもシナリオというか、牌操作というか、そういうのは絶対疑ってしまうし、それなら映像だけでもキレイな方がいいです。

JRMSS-20130904_224202.jpg
 平均順位が2.37位です。
最初の画像の順位割合を見ても分かるとおり、とにかく2位が多いです。
1位だったのにラスで捲くられることが多すぎる…(´・ω・`)
あとは、せめてもう少し4位が少なければいいなぁ…と。
目標は15~18%程度に留めたいです。

JRMSS-20130904_224249.jpg
 基本的に鳴いてない場合はほぼ確実にリーチをかけます。
リーチをかけなくても満貫以上とかなら少し考えますけどね。
それでも待ちが端牌、字牌を含めるならほぼ100%リーチでしょうか。
端牌や字牌の単騎待ちも好きです。基本的に悪手待ちですねー。
 放銃率は雀龍門3の頃と比べてよくなりました。
放銃率10%くらいを目標に頑張りたいです。

JRMSS-20130904_224341.jpg
 平均和了点が約8000点なんですよね…。
平均和了点は結構気にして打ってます。故に安手で和了ることが少なくなります。
そのせいで負けることも多々あるんですが、それでも高い点で和了ることに強い快感を覚えるのでなかなかやめられません^^
黙聴時の点数が低いのは、平和や一盃口のみでどうしようかなーって考えてる間に勝手にツモってしまうことが結構あるのでそのせいでしょうね。

JRMSS-20130904_224436.jpg
 役牌を使って和了る時は基本的に混一色かドラ2以上を組み合わせます。
基本的に役牌はいらない子なんで、即捨てるksです。
役牌1つあった状態だと高い役作りにくいし…。
変に役牌揃わないかなーと持っておいて、結局役作りのために不要になって捨てた時に鳴かれると、あぁ、早い巡でとっとと捨てとけば鳴かれなかったのかなって嫌な気持ちになるんですよねー。
 七対子が好きなんですが、意外と和了回数は少ないんですね。
七対子…、鳴いてない分逃げやすいし、待ちも端牌・字牌にしやすくていいよね。
ドラが2つあればリーチかけて満貫になりますしね。


 と、こんな感じです。
最近はとにかく放銃しないことを念頭に置いて打ってます。
麻雀を始めたころ、ティカさんに『東風戦はとにかく放銃しないことが大事ッ!』って教わりましたが、麻雀を始めて3年くらいでやっと身に染みて分かった気がします…。
満貫、跳満確定状態で待っていれば、昔ならどんな牌でも捨ててましたが、最近はほんとにヤバイと思う牌は役を崩してでも捨てなくなりました。
その辺は成長したかなーと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

メイちる

ネット上での主な活動はTwitter
https://twitter.com/Machil_S
となります。

いわゆる備忘録になる予定。
プロフもまた時間がある時にちゃんと書きます;



掲載されている画像や記事は、著作権その他の侵害を目的とするものではありません。